あいがも新米米職人が、感じたままを綴る農村風景ブログです。
 TOP   農村風景    
広島ブログ 広島のブログランキングに参加しています

   恵方からやってきた

 2008 02 02  
ehoumaki.jpg 200×266 9K
高校からの友人が恵方巻きを持ってきてくれましたおいしい彼とは、西条農業高校、農業技術大学校と一緒だった親友ぽっで、今は東広島に在住。
都市の開発が進み、変わっていく西条の街の話を聞きました。高校時代、歩き回った西条はもう無いんだなぁ試案中
しかしそんな中、彼は変わらない。仕事は忙しいですが、持ち前のフットワークの軽さも、その身軽な体格も変わりませんいえい(私は少しお腹が出ましたが・・・あちゃー
恵方巻きと、仕事の事・家族の事を肴に、酒を酌み交わしました。恵方巻き、おいしかったですいいよ
しかしこの恵方巻き、広島には無い風習だったのにあっという間に広がりました。確か豆まきと、イワシを食べるのが節分の風習だったような・・・えへへ
それに、節分は明日だった!!ギャー

名前  URL 

 

   雪国

 2008 02 03  
yuki2.jpg 187×250 13K
夜をぬけると、そこは雪国だった試案中昨夜は夜通し除雪のバイトでした。涙すっぱい金柑と健康ドリンクで睡魔すーすーと戦い、やがて朝を迎えると、雪をまとった山の木々に光がさし、やがて青い空になり・・・空と山の境界は蒼と白いいよ
ほっと、疲れを忘れるひと時でした・・・夕方、家に帰って泥のように寝ましたおやすみそれでも、仕事の夢を見るのでしたはは

名前  URL 

 

   アグリフォーラム(1)

 2008 02 07  
grp0207162911.jpg 300×224 15K
昨日、広島の八丁堀で県内農家と業者のマッチングフェアがあり藤本農園も出展しましたぱわーこの会は、広島県内のこだわり農産物を農家自身が持ち寄り、自分で紹介することで生産者の想い・こだわり・顔を知ってもらえる会で、広島での開催は初めて試案中
 去年にお話をいただいて、こつこつ準備をしてきたのですが、一番悩んだのは、いかに試食してもらうかおいしい出来れば炊き立てを食べてもらいたいが、東城は遠い・・・涙冷めてもおいしいアイガモ米ですが、できれば暖かいのを食べてもらい甘さを感じてもらいたいあちゃーそこで妻が立ち上がりました。土鍋釜の炊き方と保温の仕方を研究びっくり炊いては食べ、炊いては食べ・・・いいよお米屋さんの指導の下、というか、当日、牛田のお米屋さんの所で炊かしていただいて、保温布団に包んでいざ会場へいえいかくして、土鍋とコウタを抱え、家族3人は八丁堀シャンテに降り立ったのでした

名前  URL 

 

   アグリフォーラム(2)

 2008 02 08  
fesuta2.jpg 250×187 10K
出展者は49を数え、どのブースも自慢の品を出品わー変わった所では、チョウザメの刺身や、玄米コーヒー、トマトジャム(農業青年の亀田さん謹製)などがあり、会場内は広島産のごった煮状態(本当にご飯片手にぐるっと回れば昼飯ができるびっくり) 我が家のブースは、入り口の角にあり、まさに好立地ぱちぱち周囲に負けじと土鍋を据えて、看板を掲げ、看板息子も据えて、いざオープンぱわー
過去に、フードフェスタの売り子さんはやったことはあるのですが、お米を、それも業者の方に売り込むのは初めて。お米を食べてもらい、チラシを渡して、いざ紹介ぱく
(私)「どうぞ」
(お客様)「おいしいねぇ」
(私)「ありがとうございます、漬物もどうぞ」
ご飯の付け合せに用意した自家製お新香です
(お客様)「おぉ、うまい!これ売ってください」
(私)「・・・・」
ご飯もですが、母のつけたお漬物がやたらに大好評ははとはいえ、我が家の活動を、短い時間の紹介でしたが、たくさんの方に知っていただき、ご意見もいただきましたいえい
(お客様)「ところで、東城アイガモ屋さんて、あなたですか?」
(私)「えへへばれました?」

・30(2008/02/09 10:01)
バレましたもへったくれも無いぐらい、分かりやすいPNだと思いますが(笑)
・アイガモ屋(2008/02/10 09:38)
いやいや、大体の方が「こんなに若い人だったの?」と言われます。すみません、老けた文章で・・・と思うのです。
名前  URL 

 

   以食伝心

 2008 02 11  
fesuta3.jpg 250×187 12K
”食べてもらえば判る”あちゃーそんな勢いで望んだ今回のアグリフォーラムでしたが、色々な業者の方にご意見・要望・質問を頂き、今、生産者に求められている”声”を知ることが出来ました試案中
中国の餃子事件があったせいか、会場内でもしきりに「安全・安心」についての意見交換が行われましたが、20年前から「安心・安全・いのちの米作り」を掲げ取り組んできた父たちの活動は間違いではなかったのだと感じました。そして今、その思いをきちんと消費者に伝えてくれる、お米屋さんや業者さんと商売できることに改めて感謝てれです。そして今回、初めてお会いする人に、まず一口、そして「うまい」という言葉がいただけたことが一番の収穫でしたいえい
 出展者同士の交流も出来ましたいいよ波のように来られる来場者に、みんなで”がんばろう!”の共闘意識が・・・はは
つくし共働体の小塚さん、玄米コーヒーご馳走様でした。時川プロファームの時川さん、お互い米作りがんばりましょう。百姓屋さん、干し柿、おいしかったです。伊草果樹園の伊草さん、ジャム、ほとんど息子コウタに食べられましたおいしいおいしかったです

名前  URL 

 

   棚田の守り人

 2008 02 12  
yuki3.jpg 250×187 10K
近所の農家さん同士の集まりが、東城温泉であり行って来ました。棚田の管理・保全に対する補助金(中山間直接支払い制度)の話し合いがされたのですが、どこの地域も高齢の方が踏ん張って守っていますぱわーこの制度は5年間連続で管理を継続しないと補助金を全てあちゃー返さないといけないので、みんなの協力が必要試案中”お互いまたがんばろうで”と雪解けから始まる今年の米作りへの気合いを入れるのでした。

名前  URL 

 

   雪を駆け足

 2008 02 13  
yukiusi.jpg 253×191 11K
雪が降りましたあちゃー暖かくなってきて、畦の雪も消えていたので油断していましたが、寒の戻りですゆき
 とはいえ昔に比べると雪が少ないですいや緩やかに解ける根雪が、春の代かきを支えるのですが、春の水が心配です。
どれだけ雪が降ろうが、雨が降ろうが元気なのは子供たちぱちぱち牛の子供もしかりで、雪をなめ、蹄から舌から冷たさを味わい、元気に走り回っていましたおいしい息子コウタもよく雪を食べるなぁあちゃー

名前  URL 

 

   バレンタインデーですけど何か?

 2008 02 14  
keiki.jpg 250×187 7K
昔はバレンタインデーは、子供や学生の行事で、もっと大人しかったような気が・・・おえー
連日のやたらに高額なチョコレートの報道に、食傷気味だなぁ・・・そのような事を妻に話したところ、「だったら、あげない」と言われてしまいました涙すみません、私、甘いもの大好きですありがと
 そんなこんなで、今日はチーズスフレを作ってもらいましたおいしい歯が生えだしたコウタに、チョコレートでは虫歯の心配(※)があるため、甘さを抑えた手作りケーキで、バレンタインデーをしてもらいましたぱちぱちただし、冷やした方がおいしいので、食べられるのは明日あちゃー楽しみです
(※虫歯とチョコレートの因果関係に異議がある方もおられると思われます、我が家ではチョコレートで虫歯になると言われているのですが実際の事を知っている方教えてください)

名前  URL 

 

   あいがも親父のあんしん印

 2008 02 16  
oyazi.jpg 336×188 10K
我が家のお米に、我が家の農場長、勲の顔の印が座りますあちゃー
ポエムピクチャーアーティストの村中美香子さんの製作で父の写真から似顔絵を作成、それを盤に彫って彫って・・・ぱちぱち柔らかな目尻や大きな顔は親父そっくり試案中
アイガモ米のお酒「鴨祭」の生みの親、ヒラオカさんの店頭にて、あいがも親父の印が”安心・安全・いのちのお米”の証になりますいえい他にも我が家の家族の判も製作中との事。楽しみですわー

名前  URL 

 

   行ってきました、ちゅーピーパーク

 2008 02 17  
tyu-pi.jpg 341×200 12K
地元の自治区の研修(旅行)で中国新聞の印刷工場、ちゅーピーパークに家族3人で行ってきましたわー巨大な体育館の様な外観の、建物の中は1.4tのロール紙が並び、最新鋭の輪転機や、デジタルのカラー印刷から緻密な裁断、折り目をつけて配達される行程までが見学でき、驚くばかりびっくり
なるほど普段お世話になっている新聞はこうなっているのか試案中大人にって行く社会見学もなかなかの物。普段見ている新聞も大切に見よう(読まずにテンプラの油取りや、弁当を包んだりしてはいけないなぁえへへ)と思いました。
 あまりの大きさに、コウタはきょとんぱちくりとしていました。ちなみに、見学者には自分らの見学風景が載った”号外”が貰え、そして明日の朝刊に、見学した時の記念写真が掲載されますいえい

名前  URL 

 

   鹿をトコトコ追いかけて

 2008 02 17  
sika.jpg 250×187 12K
(研修旅行の続き)
ちゅーピーパークの後、フェリーに乗って宮島に行ってきましたいいよ
はじめて乗る船にコウタ興奮わーはじめて見る鹿を「もーもーあちゃー」と追っかけ回し、はじめて行く水族館でペンギンに触れることが出来ましたいえい
 地元の皆さんとも、一緒に見て回ったり、食べ歩きをしたり、コウタの面倒を見てもらったりと、いい交流が出来ましたありがと今後もまた企画して、行ってみたいですぱちぱち
ちなみに、どうやら東城の子は、普段から牛などを見慣れているので、鹿ぐらいでは恐れない様子試案中コウタ以上に、追っかけまわしていましたははたいしたもんだ

名前  URL 

 

   牛の宅急便

 2008 02 18  
usiseri.jpg 348×261 11K
今日は牛の競りの日あちゃー朝6時、極寒の中、地元の牛6頭を集めて、50キロ離れた競り場のある、三次まで行きましたゆき
昨夜からの雪で、路面はツルツルびっくりトラック専用のチェーンをはめて、いざ牛農家さんへぱわー生まれて10ヶ月間、手塩にかけて育てた子牛を、時になだめながら、時に追いながら、大体は引っ張りながらトラックへ乗せて回収。時間と雪道に追われながら、何とか無事に家畜市場へ運びました。子牛たちはここで競り落とされ、肥育農家で育てられます。別れはつらいですが、競り落とされた瞬間、農家さんの顔には一つ仕事をやり遂げた嬉しさとも、別れの悲しさともいえない、そんな顔になるのでした試案中

名前  URL 

 

   授乳

 2008 02 19  
tyup.jpg 250×187 12K
 子牛が生まれましたぱちぱち予定日が6日で、伸びて伸びて17日の夕方、無事生まれましたいえい
 ところが、なかなか乳を飲みませんいや少し乳を求めてさまよい、座り込む子牛考え中このままではいけないと、私が立ち上がりましたぱわー親牛に近づき、乳を確認ぽっ蹴飛ばされながらも搾乳オリャー(親牛は乳が張っているので揉まれると痛がる)
 子牛を立たせて親牛に密着させて、乳首に誘導。無事に乳を飲み始めましたおいしいその頃になると母牛も落ち着いたもの。のんびりと授乳をしていました。
 ちなみに子牛の名前、和牛担当の母と協議の末、「チューピー」に決まりました。私たちが出産当日に出掛けた「ちゅーぴーパーク」に、ちなんで決定しました。
たくましく、大きく育て!チューピー!!

・36右衛門(2008/02/20 01:45)
道路の雪の様子どう?
往けそうだったら、近いうち
ヨイヨ米がキレソウダ 宜しく
トコロデ、流石 牛と住んでるコータ君
笑わせてくれるやおまへんか
・アイガモ屋(2008/02/20 07:41)
ちなみにペンギンは「ガーガー」と呼んでいました。(アイガモ?)
 さて、路上の雪ですが、高速は無いのですが、粟田の橋梁、山かげに残雪があります。今週の好天で溶けるとは思いますが、週末に降雪があるそうなので心配です。朝夕は恐ろしいほど冷え込むので凍結にも注意です。どうかお気をつけてお越しください。
名前  URL 

 

   高校生と交流

 2008 02 21  
sainou.jpg 236×187 9K
高校生と農業青年の意見交流会をしましたぱく今回3回目となるこの会は、広島農業青年クラブが、これから農業を目指す人、農業に興味のある人を発掘すべく企画したものですいえい
わが母校の西条農業高校の園芸科の生徒さん15名と農業青年7人で、農業への想い、進路の話、専門的な作業技術のことまで幅広く話しました試案中
とはいえ、学生さんからの意見を聞くのは至難の業ははそうでしょう、大人同士の意見交換でも難しいのに・・・汗それでも、一生懸命聞いてくれました試案中
これからの彼らの成長に期待ですいいよ進路先に農業を、と思っている学生も数名いました。農業の担い手が減る中、貴重な人材です試案中

名前  URL 

 

   さらば援農の友よ

 2008 02 22  
farms2.jpg 250×187 11K
県立広島大学の農家さん支援サークル、ファーマーズハンズの部会に行ってきましたいいよこの会を創設した学生が今年、卒業しますありがと彼らの卒業のお祝いと、新体制の紹介がありました。第1期生ともいえる彼らの活動は、まさに手探りで試案中受け入れ農家のを探し、部員を先導し、時に涙し、よく食べ、よく笑った彼らです。
「中山間の農家を応援したいぱわー」そんな想いから始まった彼らの行動は、私たち農家を元気にし、勇気付けました。
 そんな彼らも、眩しいくらいの青年に成長しました。多くのメンバーが、農業にかかわる仕事に就くとの事いえい。この先、社会に飛立つ彼らを、今度は私が田んぼから応援します。ありがとう、そしてまた会おうぞ
 

風和土(2008/02/23 01:14)
こないだは、どうも^^

ほんとに、彼らは、素敵な人たちだよね〜。
次の代がしっかり育ってるのが、心強いよね!
・アイガモ屋(2008/02/23 22:43)
 こちらこそ、先日はコウタがお世話になりました。
さて、後輩のこれからは彼ら自身のもの課題ですが、先輩の示した道は、険しくもカッコ良く見えるかもしれません?新しい彼らに、あせらず、そしてぶれずに歩んでもらいたい・・・と、思います。このような事を思うのは私が親父になったからでしょうかね?
名前  URL 

 

   最後の授業

 2008 02 23  
syokuiku3.jpg 250×187 10K
私は地元の小学校の4年生に食育の授業をしています。先日、最後の授業としてアイガモ農法の最後の話、「飼育したアイガモはどうなるのか?」という話をしにいきました試案中子供らが、ヒナから大きくしたアイガモたち、8月はじめに我が家に引き上げそして・・・考え中子供の中には何人か知っている子もいるようで、おどけていましたが、何人かは初めて知った様子。クラスに沈黙が降ります考え中
「いただきます」はいのちの温もりです。作った人、ささげられた命、そこに込められた想いに、いただきます、と言ってください・・・そんなことを話して最後、自作したアイガモ農法認定書を贈りました。そこにはこんなことが書かれています
いえい
あなたは、この1年間
アイガモ農法を通して
受け継がれてきた農業の技と
食べることの大切さ
いのちの尊さを学ばれました

その熱意と行動に敬意を表して
ここに、アイガモ認定書を贈ります

子供らも、メッセージを用意してくれていたようで、色紙をいただきました。一人一人の言葉が嬉しく、心に響いたのでした。こちらこそ、教えさせてもらって、ありがとう


名前  URL 

 

   吹雪に負けず!!

 2008 02 24  
koutayukidaruma.jpg 187×250 8K
吹雪ですゆき今週は気温10度を超える日もあり、畑作業をぼちぼち始めるかのぅ・・・くると思っていた矢先、冬に逆戻りぼーぜん一面の銀世界となりました。
 昨夜は雪が降り続き、ビニールハウスや倉庫が心配ぱちくりたびたび起きては潰れてない事を確認し、朝になって雪かきをしましたぱわーさすがのコウタも、この天気の変化に負けたらしく、ハナミズがタラーンかちん顔が赤いのは熱がある証拠か?ぽっ昨日は自宅謹慎で過ごし、今朝には元気になっていましたくる昼には吹雪の中、雪だるまを作りご満悦いえいやはり「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい試案中」と思うのでした。

名前  URL 

 

   麹の香りは春の香り

 2008 02 25  
miso.jpg 187×250 9K
味噌作りが始まりましたおいしい藤本農園から歩いて2分のところに農産物加工所「からたち」があるのですが、そこで毎年恒例の我が家の味噌作りが始まり、今は麹を作っています。発酵蔵は例えるなら小さな酒蔵。甘く芳醇な果実の香りが充満していますいえい
 我が家の味噌は米麹で醸す味噌で、1年寝かせると白っぽい味噌、使っていくうちにコクと旨みのある黒っぽい味噌になり、年中を通して使えますいいよその元になる米麹、米の表面を白く覆い、大豆と併せられる日を待ちます試案中

名前  URL 

 

   寒い夜はチーズフォンデュ

 2008 02 27  
tizu.jpg 250×187 10K
雪の日が続きます。まだまだ鍋のおいしい季節もりもり
和風の鍋も飽きたなぁ・・・というとき我が家ではチーズフォンデュをしますいえい外で食べれば一人3000円は取られる鍋にしては高い料理ですははが、自分ですればかなり安く出来ますいいよ
まず、好きな野菜やソーセージを茹でる。(この日は、ジャガイモ・にんじん・ブロッコリーを使用)パンを焼いて、食べやすい大きさに切る。
一人用の土鍋で、白ワインを煮やして(コウタも食べるので)アルコールを飛ばし、チーズ(いろんなメーカーを混ぜる)を溶かしてとろみが付いたら火を止める。
卓上コンロでとろ火にかけながら、みんなで具にチーズを絡めて食べるおいしい残った白ワインを飲みながら食べるとなお良しぽー芯から温まりますよ。
妻と付き合っていた頃、発見し定番料理となりましたいえいカップルにお勧めの料理です(むしろ大人数に向かないえへへ)ちなみに親父はチーズが大嫌いあちゃーなので、父上が居ない時のメニューでもあります。

名前  URL 

 

   将来の夢は・・・?

 2008 02 27  
syokuiku4.jpg 250×187 8K
小学校時代の恩師のお願いで、八幡(やわた)小学校に行ってきましたいえい。先生がうけもつ5.6年生に話を・・・ということで、道徳の授業の1時間をもらい、「将来の夢」について話をしましたぽっ
「小学校の時からの夢で、父のような楽しい農家になりたかった」そんな話から、農業のすばらしさ、環境の大切さ、東城のすばらしさ、仕事とは何か?など一時、頭が真っ白ぱくになりながらも何とか話しきりました試案中
6年生は3月には卒業し、中学生になります。地元を離れる彼らに、「何かにつまづいた時は少し振り返って”ふるさと”を思い出して・・・」自分の経験を踏まえた願いに、頷いて話を聞いてくれました試案中
やがては地元、八幡に戻って農業がしたいという子も何人かいるようで嬉しい限りぱちぱち。同じ人を師に持ち、違う学び舎で育った子供たち。短い時間でしたが、楽しい時間をすごすことが出来ましたありがとみんな、ありがとう

名前  URL 

 

   乳よ、さらば!

 2008 02 28  
usi2.jpg 189×219 11K
基本的に自然分娩、自然保育の我が家の和牛ですが、先日生まれた、「チューピー」の様子がおかしいぱちくり調べてみると、親の乳が出ていないことが判明しました。前は出ていたのに・・・やはり牛が高齢のせいか?出産後の疲れか?とにかく、チューピーは腹ペコだったようで、元気がありませんうる
そこで、近所のベテラン農家さんに来てもらい、授乳の仕方を教わりました。手間と時間のかかる人工授乳は、人の赤ちゃんと一緒で、60度の温湯に、ミルクを溶かし・・・といったものびっくりただし1回の量が1.8Lと、さすが牛あちゃー
一升瓶に乳首型の吸い口をはめて、いざ牛小屋にぱわーすると、ベテラン農家さん、
「温度は大丈夫かはてな
「はい、測ってきましたいえい
「じゃあ、飲んでみい」
「え?かちん
ええ、飲みましたとも。口に広がるゴムの味と、ミルクの甘い味・・・牛と間接キスです。これで大丈夫ぱわー
牛を捕まえ、馬乗りに(牛ですが)なって授乳ギャー暴れながらも飲んでくれ、少し元気になりました。これから朝夕と、母と交代で授乳します。大きく、たくましく育て、チューピー!!

名前  URL 

 

過去ログ 2007年12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 

一覧 / 検索
Feb / 2008
Su Mo Tu We Th Fr Sa

12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829

<-neo / vin->

 記事一覧・検索


 農村風景TOP

 これまでの、記事一覧を開きます

 キーワードから記事を探す

 掲載した写真一覧

 新着記事

02月02日恵方からやってきた
03日雪国
07日アグリフォーラム(1)..
08日アグリフォーラム(2)..
11日以食伝心
12日棚田の守り人
13日雪を駆け足
14日バレンタインデーです...
16日あいがも親父のあんし...
17日行ってきました、ちゅ...
17日鹿をトコトコ追いかけ...
18日牛の宅急便
19日授乳
21日高校生と交流
22日さらば援農の友よ
23日最後の授業
24日吹雪に負けず!!
25日麹の香りは春の香り
27日寒い夜はチーズフォン...
27日将来の夢は・・・?
28日乳よ、さらば!



-天気予報コム-
Copyright  Farm FUJIMOTO.  All Rights Reserved     Product by osa_machikado