あいがも新米米職人が、感じたままを綴る農村風景ブログです。
 TOP   農村風景    
広島ブログ 広島のブログランキングに参加しています

   立つんだジョー!

 2008 09 02  
inaho.jpg 250×187 9K
稲穂が倒れだしました涙。これは倒伏といって穂が熟し、重たくなると倒れだし、下手をすると収穫できなくなったりしますいや。ただ、ある程度、斜めになるくらいの穂でなければ収量はないし・・・えへへ。実はこの稲、背が高いのです。ちょうど牛糞堆肥を撒く際、田んぼの入り口に置くのですが、その栄養分が稲に行き、今年の夜の温度が高かった7月の天候も作用して、背が高くなった様子かちん、収穫までに起こして縛って、様子を見ますぱわー

名前  URL 

 

   稲刈り開始!

 2008 09 04  
inekari3.jpg 250×187 8K
今年最初の稲刈り開始ですいえい。天気は良し、田んぼも良く乾いていますいいよ。品種は「あゆのひかり」健康食品として使われるギャバを発芽玄米の3倍を持った特殊品種ですびっくり。米は甘く、むいて舐めると砂糖のようです試案中
ところがこのお米、刈る時期が短く、青いのに発芽したりしますかちん。今回も熟れている種から芽が出だしたので、急遽刈り取ることに涙・・・手でつぶすと乳白液が出てきますギャー。刈り取りは無事終わったのですが、乾燥が大変なことに・・・

名前  URL 

 

   安心・安全のお目付け役

 2008 09 05  
kakunin.jpg 250×187 10K
広島県の特別栽培農産物認証のため、県から確認に来られましたいえい。2時間のリスニングと、肥料や農薬などの使用状況の確認ぱわーがあって、その後なんと、すべての田んぼをまわって確認びっくりをされました。確実な安心のため、責任を持って作った稲たちを見てもらうのは我が子の参観日に行く気分試案中、でも100枚以上の田んぼを回られるのは大変でしたはは。協力いただいた皆さんに、そして確認委員の皆さんに感謝ですありがと

名前  URL 

 

   車輪が取れた!!!

 2008 09 06  
konbain3.jpg 250×186 9K
コンバインの車輪が取れましたギャー。老朽化していた30馬力のコンバインですが、型は古いがシケには〜強いあちゃーと修理して使っていたコンバインぱわー、今年の農機具の価格高騰前に予備を買おうと新しいコンバインを用意いいよしていたのですが、こいつがこうなって、急遽、稼動することに試案中。機械と言うものは、なぜか新しいものが来ると古いものは壊れやすくなるもの涙、愛情ですかねぇ考え中
修理するか、廃車にするか悩ましい所涙、でもこいつで、整備や操作を覚えたんだよなぁうる

名前  URL 

 

   黄金田圃

 2008 09 07  
koganeiro.jpg 250×187 9K
日を追うごとに黄金色の絨毯が広がっていますあちゃー。今はあきたこまちやコシヒカリの早いものが緑から黄緑、そして黄金色に色づいていますいいよ。刈り取りもとりあえずは順調、新型コンバインも稼動しだしましたいえい。ただ夏のように暑い汗、コンバインの熱気もあいまって、汗にまみれながら黄金色の中を駆け抜けますあちゃー。吹き抜ける風は秋のにおいがします試案中

名前  URL 

 

   夕立三日

 2008 09 08  
ame.jpg 250×187 6K
昔から「夕立があると3日」は続くと言いますが、夏の名残なのか雷雨ですあちゃー。稲刈りをしようと鎌を研いでいたところぱわーに「ボタッ」と大きな雨粒かちん、やがて大雨となりました。こうなると稲刈りは出来ず、無理に刈っても機械を壊したり涙、乾燥の燃料が多くいったりといいところ無しはは。仕方なく諦め、お休みにおやすみ・・・なるわけもなく、草刈りとお米のとうす挽き(米を籾から玄米にすること)を行いましたぱわー

名前  URL 

 

   新型コンバインの実力

 2008 09 09  
maruhan.jpg 250×187 9K
先日の古いコンバイン大破ギャーによる新型コンバインの稼動が始まりいいよ、慣れない操作ながらその性能に驚いていますびっくり。早い、そして柔らかい田んぼでの走破性は、さすがといったところ試案中、大絶賛ですぱちぱち。8枚の田んぼを楽々刈り取りました。ただ、車体が大きいので、狭い田んぼでは入れない所が出てきましたはは。仕方がないので廃車を決めていた古い機械をもう一度復活させることにえへへ・・・「機械は女性を扱うように優しくぽっ」高校時代の機械科の先生のお言葉です。

名前  URL 

 

   この田んぼは刈れない

 2008 09 10  
inosisi2.jpg 250×187 11K
今年は特に広範囲にイノシシが出没した年でした涙。秋、イノシシは田んぼの稲を食べますオリャー。踏み倒しかちん、泥でもんどりを打ってぴち、穂をこいで食べますぼーぜん。イノシシに襲われた田んぼは、イノシシ独特の臭いがお米にも着いてしまうので、刈り取ることが出来ません。放っておくと、またイノシシの被害を広げたり、イモチ病などの菌を来年に持ち越すため、火をつけて焼くしかありません涙。増えすぎたイノシシの駆除が急がれます試案中

名前  URL 

 

   赤い月の夜

 2008 09 11  
akaituki.jpg 250×187 2K
深夜、目が覚めて、乾燥機の調子が気になり外へ・・・考え中。見上げた山の間に赤い月を見つけましたびっくり。昔から赤い月を見ると悪いことがあるとかないとか・・・。乾燥機の燃料の補給を終えて、家に帰りおえー、ふとお茶を飲もうと思い台所へ・・・その瞬間、今の方に駆け抜ける影ギャー、その影は追いかける私に気づき、高速で逃げ回る!かちんやがて、居間で対峙した瞬間、全速力でテレビ台のガラスに「ガッシャ−ンオリャー」激突。そのままの勢いで駆け抜け、屋根の隙間に飛び上がって逃げていきました。やつの名は野良猫、やつの逃げた後、粉々になったガラスを泣く泣く片付けるのでした涙

名前  URL 

 

   秋桜の咲く畦道で

 2008 09 12  
kosumosu.jpg 250×187 8K
稲刈りも、秋も段々と本格化ぱわー、新米は熟れてきているものから刈っていますが、まだ少し早いようです試案中。それでも残暑が厳しく、暑いです。休憩時間にはスイカを切りました。スイカを食べていると、「おいしそうなのが見えた」と通りがかりの近所のおじさんが立ち寄り、他の田んぼで作業をしていた、これまたご近所のおじいさん、おばあさんにも[食べんさい」とお裾分け、丸々持っていったスイカを皆で食べましたおいしい。休んでいる目の前の畦に昔のお墓があり、そのまま畦端史跡講座へ・・・あちゃー。旧家のこと、田んぼのこと、そのお墓が、旧陸軍の方のもので・・・など話は尽きませんでした。向こうの田んぼで、親父どのがコンバインを動かすのが見えたので、お開きとなり稲刈りに戻るのでしたいいよ

名前  URL 

 

   あいがも探検隊

 2008 09 13  
kamotan.jpg 250×187 10K
「アイガモを見させて頂けませんか?」我が家を訪ねて来られた初老の方に呼び止められましたびっくり。聞けば、孫さんにアイガモを見せたくて来たものの、田んぼにいなかったとの事いや。「稲穂が出る頃我が家につれて帰ったんですよ」と説明しながらコウタ共々案内しましたいえい。たくさんいるアイガモたちに興味津々のお孫さん二人、コウタより少しお兄ちゃんぐらいの年齢でしょうか?アイガモに餌をあげると、群がるカモたちに大喜びでしたいいよ。コウタと彼らとも、友情が芽生えたらしく、仲良くアイガモの世話をしてくれましたぱちぱち。帰りには三人で手をつないで歩いていました。たいしたもんだ試案中。「また来てね〜あちゃー」と手を振って見送りました。
ちなみに我が家では見学も大歓迎です。お越しの際は一声かけてくださいねありがと

名前  URL 

 

   秋の味覚第1号

 2008 09 14  
nasi.jpg 250×187 7K
三次のおじさんから梨が届きましたあちゃー。瑞々しい20世紀梨ですいいよ。毎年、おじさんが自ら手摘みしてくれたものを贈っていただくのですが、コウタも大好きおいしい一人で大玉半分完食し、私の分まで取って食おうとする始末オリャー。これから食べ物美味しい季節です。季節の恵みに感謝ですありがと。庄原の丘陵公園では、梨園がカラスの被害にて全滅との事。同じ農業をする者としても他人事に思えない記事でした試案中

名前  URL 

 

   名月?

 2008 09 15  
meigetu.jpg 250×187 2K
昨夜は中秋の名月、お団子の日ですあちゃー。東城ではお月見の風習は無い様で、我が家でもお団子は出てきませんでした涙。さて見上げる空はどんより雲、今年は月は拝めそうにありませんえへへ。おまけにこれからしばらくは、雨マークに・・・稲刈りもストップですが、籾摺りをしたり、お米をついたりと、休めそうにはありませんぱわー。それでも深まる秋を感じたいものです。

名前  URL 

 

   名月に生まれる

 2008 09 16  
otuki.jpg 250×187 9K
中秋の名月だった日曜、子牛が生まれましたいえい。朝、囲いの中を見たときは気が付かなかったのですが、餌をあげていると、親牛の周りを歩いている子牛を発見あちゃー。スマン、小さすぎて気が付かなかった・・・と言うくらい小さな子牛です。それでも元気いっぱい!ぱちぱちたくましく育って欲しいものです。オスなら、満月にしようと思っていたのですが、メスなので「つきちゃん」(もしくは「おつき」)に決定ぱわー。これで我が家の子牛は6頭になりましたあちゃー

名前  URL 

 

   アイガモ田の稲刈り開始

 2008 09 17  
tonbo.jpg 250×187 5K
アイガモの田んぼの稲刈りをしましたいえい。今年のアイガモは働き者で、アイガモが頑張って草を採ってくれたおかげで、きれいな田んぼですありがと。夏に、アイガモのほとんどを捕獲できているので、茂みからカモが飛び出す心配もなく順調に刈り取りいいよ、仕上がりが楽しみですおいしい。田んぼには赤とんぼが飛びだしました。秋の当来を告げる赤い翅、止まる稲穂を捜して風に揺れます試案中

名前  URL 

 

   嵐の前の静けさ?

 2008 09 18  
tanbo.jpg 250×187 7K
台風が接近していますギャー。が、遅い、遅いですあちゃー。先日から台風対策で、稲刈りを進め、タンクも人間もパンク気味ぱく。おまけに、嬉しい事にどうやら逸れる様子えへへ。今年の稲は背丈が高く、倒れやすいので、外れてくれるのを祈るばかりです。南の空に向かってコウタと「ふーふー」していますぱわー。私が「雨が降ったらお休みするよ」宣言をすると晴れるので、しっかりと今から「休みます」を連発しています。今日は、曇りのようですくもり

・原っ葉(2008/09/19 13:48)
台風が逃げてよかったですね。

私のブログはいきずまって動けなくなりました。
辛抱したんですが新しく切り替えました。
これからも宜しくお願いします。

   http://sky.ap.teacup.com/yamanami/
・アイガモ屋(2008/09/21 07:21)
原っ葉様
いつもありがとうございます。今年の稲は、背丈が高く倒れやすいので、生育中の晩生の品種などは台風が心配です。今回の台風が逸れて本当に良かったです。が、被害にあわれた方にお見舞申し上げます。
名前  URL 

 

   シンマイ、うんまい

 2008 09 21  
manma.jpg 250×187 9K
アイガモ米の新米を炊いてみましたいえい。炊き上がる湯気に新米の香気、蓋を開けようとして「まだ蒸らしてない」とお叱りを受けながら(妻に)あちゃー、待つこと15分、蒸らしも終わり、炊き立ての新米を一口ぱく。噛んで、噛んで、飲み込むおいしい。ありがとうありがと今年もいい仕事が出来ましたいいよ。甘みよし、粒張りよしの、いいお米です試案中。ただいま出荷の準備中、間もなく皆さんにお届けできると思います。

名前  URL 

 

   台風去って

 2008 09 21  
koutakonbain.jpg 250×187 12K
台風が逸れて、無事稲刈りが出来ますいえい。雨が稲を濡らし、田んぼには水溜りも出来ましたが涙、最接近した19日のお昼過ぎには稲刈りが出来るくらいまで晴れていましたあちゃー。お休みをもらう予定を変更し涙コウタをお供に稲刈りをしましたぱわー。まさかの稲刈りに「助かった」の思いと、「休みも欲しかった」の思いが交錯しますえへへ。とはいえ、無事に稲刈りできることに感謝です。被害にあわれた方に早く復興できますようにと祈るばかりです。

名前  URL 

 

   初荷!!

 2008 09 22  
hatuni.jpg 250×187 9K
大阪のお米屋さん、田守さんがお米の集荷に来られましたあちゃー。今年、第一陣の新米ですありがと。その日はうちに泊まられて、お米の状況、事故米の影響や、美味しい食べ物の話など、夜遅くまで語らいましたいえい。これから毎週のように、自分の運転で集荷に来られますぱわー、遠路なので事故なく。と願うのでしたいいよ

名前  URL 

 

   コウタ(2歳)のお手伝い

 2008 09 24  
grp0924075212.jpg 250×187 12K
晴れが続くらしく、どの田んぼも刈って刈ってと、黄金色を濃くしていますぱわー。コンバイン大好きのコウタもお手伝いいえい、コンバインに載せては「そこ押すな!」というボタンを連打しかちん、「逃げとけ!」というバックで「おーらい、おーらい」と誘導あちゃー。端っこで束ねた稲穂をばら撒きおばあちゃんに叱られていましたオリャー。それでもよく見れば、それは大人のモノマネ・見真似。お手伝いを通して仕事を知ってもらえるので、叱らずに見守るのでした試案中本人もご満悦くるなので、良いでしょういいよ

名前  URL 

 

   粟田小学校の稲刈り

 2008 09 27  
awatasyo2.jpg 250×187 10K
地元の粟田小学校で、手刈りによる稲刈りをしましたいえい。この田んぼは、子供らが春に田植えをし、夏に草取りやイノシシの防御柵を張って、管理してきたものあちゃー。この度、無事収穫を迎えました。ただこの日はあいにくの霧雨が降る中で、みんな濡れながらも、頑張って1アールの田んぼを刈り取り(本当は3アールでしたが先にコンバインで刈っておいたのでえへへ・・・)馴れた手つきで束ねてハデにかけましたぱわー。このお米はやがて精米して、学校給食で食べられますもりもり

名前  URL 

 

   米検査

 2008 09 28  
kensa.jpg 250×187 9K
お米には等級があって、第三者の検査を受けますぱわー。その検査に行ってきましたいえい。田舎によくある丸い屋根の体育館のような建物、あれがお米の倉庫です。かつて農協に一括集荷していた頃は、あの倉庫いっぱいにお米が並んだそうです。我が家では、他の農家さんの出荷用のお米も籾摺りしているので、持って行きます。検査では、色艶、匂い、カメムシのなどの食害がないかなどをプロの目で見て、1等、2等、3等、規格外に分けられます。我が家で籾摺りした農家さんの分は無事1等をもらいましたいえい。ちなみに、倉庫の中の作りは頑丈で、鉄筋コンクリートの外壁に、お米袋を傷めないように太い木で柵を組んであります試案中。温度も一定で、なかなかの物件あちゃーなのでした。

名前  URL 

 

過去ログ 2007年12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 

一覧 / 検索
Sep / 2008
Su Mo Tu We Th Fr Sa

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

<-neo / vin->

 記事一覧・検索


 農村風景TOP

 これまでの、記事一覧を開きます

 キーワードから記事を探す

 掲載した写真一覧

 新着記事

09月02日立つんだジョー!
04日稲刈り開始!
05日安心・安全のお目付け...
06日車輪が取れた!!!
07日黄金田圃
08日夕立三日
09日新型コンバインの実力
10日この田んぼは刈れない
11日赤い月の夜
12日秋桜の咲く畦道で
13日あいがも探検隊
14日秋の味覚第1号
15日名月?
16日名月に生まれる
17日アイガモ田の稲刈り開...
18日嵐の前の静けさ?
21日シンマイ、うんまい
21日台風去って
22日初荷!!
24日コウタ(2歳)のお手...
27日粟田小学校の稲刈り
28日米検査



-天気予報コム-
Copyright  Farm FUJIMOTO.  All Rights Reserved     Product by osa_machikado