あいがも新米米職人が、感じたままを綴る農村風景ブログです。
 TOP   農村風景    
広島ブログ 広島のブログランキングに参加しています

   旅に出る

 2008 11 02  
oroti.jpg 250×187 11K
稲刈りが終わったご褒美に松江に遊びに行きましたぱちぱち。東城から松江には、314号線を上がっておろちループを通る2時間程度の道のりぱわー。途中、青と白の車体のトロッコ列車、「おろち号」に遭遇いえい、間近で見てやろうとJR亀崇駅に先回りをすると2時間待ちという事が判明かちん、体も冷えてきたので、駅家にある蕎麦屋で手打ちそばを頂きましたおいしい。ここは駅長自らが蕎麦を打つことで有名らしくびっくり、香りが良くコシもあって、コウタも大満足でした。その後、近くの亀崇温泉で温泉に浸かりぽっ、再び引き返して、駅に行くと、ちょうどおろち号が入ってきました。「コウタ、列車じゃ〜」「どこ?」大きすぎる車体によく分っていない様子のコウタはは。あれこれしている間に、列車は走り出し、線路の向こうに消えていくのでしただめ。今度は乗ってみたいものです試案中

名前  URL 

 

   松江のお堀

 2008 11 02  
ohori1.jpg 250×187 10K
松江城をぐるっと回るお堀、そのお堀の遊覧船に乗りましたあちゃー。この遊覧船、3箇所乗船場があるのですが、乗り降り自由で途中乗車も可能いえい、各観光地を回れるので結構お徳に、降りる所を間違えるとかちん駐車場まで泣くほど涙歩かなければいけない代物、いい運動になりましたえへへ。水は底は見えないもののきれいで、天気も良く滑らかに進む船はなかなかの乗り心地いいよ。船頭さんによって案内が違って、中には安来節を歌ってくれる船頭さんもぱちぱち。最後は「だんだん〜」(ありがとう)と見送ってくださるのでしたありがと

名前  URL 

 

   松江のお堀2

 2008 11 02  
hasi1.jpg 250×187 11K
お堀には16本の橋がかかっており、橋のある所は人も、船頭も、船(!)も、頭をかがめますびっくり。以前お堀が汚れた時や、埋め立て工事の計画が挙がったとき、みんなでお堀をきれいにして守ったそうです。今は都市計画にも配慮し、景観美化と町並み保存をされているそうで、町作りの勉強にもなりました試案中

・アイガモ屋(2008/11/02 21:18)
てすt
・アイガモ(2008/11/02 21:21)
てすと
名前  URL 

 

   宍道湖の夕日

 2008 11 03  
yuuhi1.jpg 187×249 8K
旅の締めくくりに、うわさの夕日を見に行きましたいえい。行く先々で「夕日がいいよ」いいよといわれ勧められたので行ってみると、すでにカップルと家族連れでごった返す護岸はは、夕日スポットなる歩道もあり専用駐車場もありびっくり、力の入れ様に驚きです試案中
 やがて空が赤を増し、あたりは人が多いものの少し静かに、みんなで今日の太陽を見送るのでしたありがと

名前  URL 

 

   東城のお通り

 2008 11 03  
horo.jpg 250×187 10K
東城も観光シーズンですいいよ。お休み明け、そして今日と、連続で遊んでしまったのですがはは、お通りを見に行きましたいえい。東城の老舗旅館、三楽の前で待っていると、大太鼓と尺八の演奏のあと、大名行列と武者行列に出くわしましたびっくり。東城支所長扮するお殿様(よく知っている方なのですが)がなかなかの演技派でぱちぱちアドリブありの野点が見る人の笑いを誘いますあちゃー。そのあと現れる、鉄砲隊の砲撃はなかなかの迫力。コウタもびっくりびっくり、(でも泣かなかったです)
そして東城特有の母衣(ほろ)行列びっくり、子供らが着飾り、おしろいをして重たい母衣を担いで練り歩きます試案中、昔は男の子が化粧をして担いでいたのですが、最近は女子がほとんどで、人気も高いので抽選になるそうです試案中

名前  URL 

 

   農業青年のイモ畑

 2008 11 05  
imohori2.jpg 250×186 13K
地元JAの農業青年の活動資金確保ぱわーのため、植えたサツマイモの芋ほりをしましたあちゃー。とはいえ集まったのはコウタを含めて4人ギャー、ビッシリとはびこった蔓を、草刈り機と鎌と気合いで撤去おえー、芋を掘っては集め、掘っては集め・・・その後、3人の助っ人が加わり終わった頃には日が暮れて、真っ暗に涙。もうしばらくは、芋ほりは要らんというぐらい掘りましたえへへ。この芋は広島を代表する芋焼酎「達磨」の原料になりますいいよ。私たちが飲んで、地産池消となりますいえい

名前  URL 

 

   交流会の田んぼ

 2008 11 06  
inekonasi.jpg 250×187 9K
収穫祭の田んぼのハデをこなしました(稲からお米をとる作業)いいよ本来「はで干し二十日」というくらい半月以上干すのですが、明日から天候が悪くなるそうなのでこなすことにぱわー。よく乾いた稲をコンバインにかけ、1時間程度で終わりました。量からすれば6袋程度でしょうか?収穫祭に参加したみんなで食べると、3日分のお米が取れますびっくり。そう考えると、昔、手作業で村人全員と年貢分のお米を作るということの大変さが分りますね試案中

名前  URL 

 

   秋じゃが採れた!

 2008 11 07  
akizyaga.jpg 250×187 12K
秋のジャガイモがとれましたいえい。昨年は夏が暑すぎて、マルチの下で腐ってしまったのですが、今年は何とか芽が出て、無事収穫ありがと、と言っても小さいびっくり、量も少なくえへへ一つの種芋から一つ分といった状態涙。とはいえ収穫は収穫いいよ、早速、ポテトフライにしましたおいしい

名前  URL 

 

   秋ジャガ、美味い!!

 2008 11 07  
grp1107084937.jpg 250×380 17K
コウタも初めての料理でポテトフライに挑戦。油に注意して、こんがり揚がりましたいいよ。早速、つまみ食いおいしい、美味しかったらしく、みんなにも勧めてくれましたあちゃー。ちなみに口の周りの泡はビールではありませんえへへ

名前  URL 

 

   ワラも大切

 2008 11 09  
wara2.jpg 250×187 11K
牛の飼料用のワラを回収しましたいえい。最近はコンバインで切り刻んで土にすき込むようになったのですが、我が家では牛が食べられるよう、干して束ねて乾燥させます<あちゃー。ワラは栄養価が高く安価な飼料いいよ、最近では乳牛農家も集めて周り、お礼に牛糞堆肥を撒くという、米農家との連携が成されています試案中。ワラは牛に人にと使える万能資材。よく乾いたワラは秋の香りがしますお天気良好

名前  URL 

 

   帝釈峡を行く

 2008 11 10  
kouyou1.jpg 250×187 15K
紅葉を見に帝釈峡へ行ってきましたいえい。日曜の帝釈峡は車も人も多くあちゃー、賑わっていましたが、地元の人に聞くと「例年より少ないよ」との事、「ガソリン高ですかね」と聞くと「それもあるし、寒いから・・・」国民全体が引きこもりになっているような・・・いや。いやいや、この光景は歩いた者にしか分らぬもの試案中、コウタはわざと落ち葉の多い所を歩いて「ガサガサ」と言う足音を楽しんでいましたいいよ、足音すら楽しい秋の散歩ですいえい

名前  URL 

 

   紅い、黄色い、・・・美味い

 2008 11 10  
kouyo3.jpg 187×249 21K
言葉を覚えだしたコウタあちゃー、葉っぱを見て「きいろ〜、あか〜」と指差し確認で見てまわります。出会った人への挨拶も忘れないコウタいいよ、「ありがとね〜、またおねがいしましゅ〜」旅先でも周りの空気も暖かくしてくれるのでしたいいよ。帝釈峡の入り口に食堂があり、そこのぜんざいが美味おいしい、帰りに寄って暖を取る。食べて外に出るとすっかり日が落ちていました、ゆっくり過ぎる秋の時間ですいえい

名前  URL 

 

   大きなお芋に大歓声!!

 2008 11 13  
kodomoimo.jpg 250×187 10K
地元、粟田の保育所と小学校の芋ほりをしましたぱわー。春に子供らが植えて実ったサツマイモいいよ、品種を紅東に変えて我が家との相性がいいのか大収穫あちゃー、これでもかというくらいの大きな芋がザクザクぱちぱち。子供らの歓声が寒い晩秋の空に響きましたわー。「この大きいのは僕のじゃ」「私のほうが長い、ヘビ芋よ」「みんな給食も食べないといけないのよ」「お芋は別腹じゃ〜おいしい」元気いっぱいの粟田っ子でしたいいよ

名前  URL 

 

   カモの米、カモの酒蔵へ

 2008 11 13  
daiginjo.jpg 250×187 13K
わが青春時代のふるさと「加茂の西条」試案中の大手酒造メーカー「加茂鶴」さんで、我が家のお米をお酒に醸していただきましたありがと。香りを大切にされる酒造りで有名な加茂鶴さんで、どんなお酒になったのか、今から晩酌が楽しみですおいしい。そして今日、2年目のお酒になる新米が出荷されましたぱちぱち。「だいじにしてもらいなよ」娘を送る気分で、加茂鶴さんにお願いするのでしたうる。このお酒はすでに販売されており、フードフェスタでも紹介されたそうです。温めの燗でいただくのが良いそうですあちゃー

名前  URL 

 

   太鼓の達人

 2008 11 15  
taiko1.jpg 250×187 12K
今週の日曜日、地元の「田森ふれあい祭り」が開催されますあちゃー。このお祭りは地元の文化祭みたいなもので、子供らの学習発表はもちろん、神楽や歌、踊りなど嗜好(ギャグ)を凝らした出し物で地元民の交流を深めますいえい。前回はセーラー服を着て、オニャン娘倶楽部を踊ったっけ試案中・・・今回は、和太鼓に挑戦ぱわー、といっても、素人の親父たちの試行錯誤かちんで、合わせるのがやっとはは、これに時間稼ぎのトークとサプライズが要りますぽっ。気合と覚悟を決めて太鼓に挑みますオリャー

名前  URL 

 

   来年の土を作る

 2008 11 16  
koe.jpg 250×187 12K
田んぼに、堆肥をまいてトラクターで耕す「秋引き」をしていますぱわー。稲刈りが終わったらまた次の米作りに挑戦ですいえい。我が家の牛から出た牛糞を、一年間寝かせ、秋に出た籾殻クン炭と混ぜ合わせますあちゃー、そしてショベルカーで積んで、トラックで運んで田んぼにまくのですいいよ。冬の到来はもうすぐ、雪が降るまでに秋引きを終えたいのですが・・・えへへ

名前  URL 

 

   田森ふれあい祭り

 2008 11 17  
grp1117075154.jpg 250×187 11K
2年に一度の、地元の文化祭「田森ふれあい祭り」が開催されましたいいよ。ここ粟田は約1000人の村ですが、皆さんなかなかの芸達者ぱちぱち、各地域から、神楽あり、カラオケあり、エアー三味線あり、女装ありの出し物を披露します試案中。今回私たちは、和太鼓を演奏ぱわー、北島三郎の「まつり」にあわせて太鼓と拍子木の演奏をしました。揃ったような、ハズしたような・・・はは

名前  URL 

 

   ぎんなん採り

 2008 11 18  
ginnan.jpg 187×249 23K
一面の黄金色いいよ、近所の神社に銀杏を拾いにいきましたいえい。しんと冷えた境内、空気を吸い込むとほのかに香るあの臭いかちん。今年の長い紅葉も、この寒波でおしまいでしょうか?黄色の世界に晩秋を惜しむのでした試案中。ちなみに銀杏は結構大量に取れました。食べ過ぎないようにしなければ・・・おいしい

名前  URL 

 

   ぎんなんの次は、柿!

 2008 11 18  
kakinoki.jpg 187×249 26K
柿取りもしましたいえい、過ぎ行く晩秋に・・・・あちゃー。コウタも柿は大好きで「とって、とって」の催促おいしい、運搬車の荷台をリフトして二人で採りましたいいよ。今年の柿は小粒ながらも甘く美味でした、食べきれないのが惜しいですえへへ

名前  URL 

 

   初雪

 2008 11 18  
hatuyuki.jpg 250×187 9K
午前中は雨でしたが、夕方になって白いものが混じってきましたびっくり、突然の寒波に外にいた牛もびっくりぼーぜん、コウタは絶叫あちゃー、すっかり雪になりましたかちん。今年の暖かな晩秋で雪の支度を全くしていなかった我が家、車のタイヤに、ビニールハウス、どーしましょうはは、おまけに今夜は雪かきに緊急出動です、どーしましょうぼーぜん

名前  URL 

 

   雪の朝

 2008 11 20  
grp1120101932.jpg 250×187 13K
突然の寒波に高速道路の雪かきあちゃー、牛の冬毛も生え変わらぬ・・・今年の冬は突然でしたびっくり、山も落葉前で秋と冬が入り混じる光景に試案中。秋の片づけがまだなので、今日はその作業をしたいですぱわー

名前  URL 

 

   いい夫婦のゆず

 2008 11 22  
yuzu.jpg 250×187 12K
寒さに強い柑橘”ゆず”、見事に実りましたいえい。とはいえ昔から、桃栗三年柿八年、柚子は十三年あちゃー・・・と言いますが、この柚子は植えて4年、結婚の記念に植えたもので早なりですびっくり。と言うのも近くに受粉樹となる花柚子を植えたからみたいでいいよ、鍋の時期にはうれしい限りぱちぱち。霜が降る前に収穫し、果汁と皮はビン詰めに、搾りかすはお風呂につけて柚子湯にしましたぽっ

名前  URL 

 

   落ち葉と夕日と黄金の味

 2008 11 24  
grp1124080557.jpg 249×372 20K
先の寒さで山の木々もすっかりと葉を落とし、今年は腐葉土を作ろうと、木の葉や野菜のくずを積み上げてグロを作りましたぱわー。たくさん積もった落ち葉に、ふと閃いて、焼き芋作りを敢行いえい、ところが思ったより葉っぱが濡れていてなかなか燃え広がらないいや、少し畑に広げて風に当てて、掃除をしていた枯れ草も加えて再び点火いいよゆるゆると燃えて1時間ほどで消えました。灰を退かすと中はまだ熱く火の粉が残る。なるほど木の葉が焼き芋向きなのだと確信試案中そしてその下の芋を掘り出すと・・・びっくりおいしいあちゃー
芋の大小に関わらず、おいしく焼けましたぱちぱちコウタは顔ぐらいあるお芋を一人でぺロリです。

名前  URL 

 

   冬の準備

 2008 11 26  
daikon.jpg 250×187 15K
寒さが増して、冬の野菜がおいしくなりましたおいしい。大根や白菜の漬物作りも始まりましたあちゃー。大根は泥を落として、天日で干します。水分が減って、甘く、柔らかく、漬かりやすくなりますいいよ。コウタもお手伝いですいえい

名前  URL 

 

   冬の野鳥

 2008 11 28  
hibitaki.jpg 250×187 13K
我が家にある南天の実をついばみに、今年もショウビタキがやってきましたいいよ。「ジュッジュッ」というあまり綺麗ではない鳴き声ですがはは、冬を越える丸っこい姿と、みかん色の翼がかわいい野鳥です。ぽっ

名前  URL 

 

   お米の勉強を発表

 2008 11 29  
hapyou.jpg 250×187 9K
地元、粟田小学校の学習発表会「わくわくフェスタ」にお呼ばれしましたいえい。児童が一年間を通して学んだ食育について、寸劇やクイズで発表してくれましたぱちぱち。1,2年生の発表では「おこめとおいも」と題して我が家でのサツマイモ教室を発表びっくり、「ふじもとさん、ありがとう〜」の掛け声に少し照れるような、嬉しいようなぽっ
また、高学年では「お米の現状」を発表試案中、輸入米の問題や飢餓の事などなかなか深い内容でしたいいよ

名前  URL 

 

   世界のお米を食べ比べ

 2008 11 29  
okomekai.jpg 250×372 26K
粟田小学校の学習発表「わくわくフェスタ」で、餅つきとお米の食べ比べをしましたびっくり。お米の食べ比べでは世界のお米を取り寄せて炊いてみました。子供らが作った「粟田米」あちゃー、今、問題の中国米かちん、輸入量の多いアメリカ米、長粒種のタイ米や、世界一高いと言われるパキスタンのお米、茹でて食べるイタリア米など塩も振らずに食べ比べ、地元の料理と食べれば美味なのでしょうがえへへ長粒種などはロウソクのようでした。
同じジャポニカ種の、中国、アメリカは、思った以上に味が悪くオリャー、粟田米の美味しさに改めて安心したのでしたいいよ

名前  URL 

 

過去ログ 2007年12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 

一覧 / 検索
Nov / 2008
Su Mo Tu We Th Fr Sa

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

<-neo / vin->

 記事一覧・検索


 農村風景TOP

 これまでの、記事一覧を開きます

 キーワードから記事を探す

 掲載した写真一覧

 新着記事

11月02日旅に出る
02日松江のお堀
02日松江のお堀2
03日宍道湖の夕日
03日東城のお通り
05日農業青年のイモ畑
06日交流会の田んぼ
07日秋じゃが採れた!
07日秋ジャガ、美味い!!
09日ワラも大切
10日帝釈峡を行く
10日紅い、黄色い、・・・...
13日大きなお芋に大歓声!...
13日カモの米、カモの酒蔵...
15日太鼓の達人
16日来年の土を作る
17日田森ふれあい祭り
18日ぎんなん採り
18日ぎんなんの次は、柿!
18日初雪
20日雪の朝
22日いい夫婦のゆず
24日落ち葉と夕日と黄金の...
26日冬の準備
28日冬の野鳥
29日お米の勉強を発表
29日世界のお米を食べ比べ



-天気予報コム-
Copyright  Farm FUJIMOTO.  All Rights Reserved     Product by osa_machikado